加奈です💓

これから年末に向けて行事も増えるので、子どもの写真を撮ることも多くなると思います。クリスマスやお正月をモチーフにしたお昼寝アート撮影会なども続々と開催されているみたいです。そこで、今日は私が実践している赤ちゃんの写真撮影のコツをいくつかご紹介してみようと思います😊

・とにかく枚数を撮る
カメラだけではなく携帯で撮る場合も連写モードがおすすめです。特に赤ちゃんはコロコロ表情が変わるし、月齢が高くなってくるとよく動くようになるのでシャッターを切るタイミングが難しい被写体です。大量の写真の中から選ぶ手間はありますが、いい表情を確実に残したい時にはおすすめです。

・カメラ越しに見つめて撮らない
撮りたいアングルと角度を決めたら、手だけそのままの位置をキープしてカメラから顔をずらして赤ちゃんからしっかり顔が見える位置で声をかけます。カメラ位置より少しだけ目線は上にズレますが、自然な上目遣いの可愛い写真が撮れたり、ママやパパの顔がしっかり見えるので赤ちゃんのいつも通りの表情も引き出しやすいです。

・風を使ってみる
うちわを投入して撮影します。キッズスタジオのカメラマンに教わった方法なのですが、うちわの骨の部分を左右に触ってカサカサと音を鳴らすことで赤ちゃんの目線を引きつけます。気を引いたところで、そのままママやパパの顔をうちわで隠して、いないいないばぁの要領でうちわをよけると高確率で笑顔の写真をおさめることが出来ます。あとは、うちわで上半身に向けて風を起こした瞬間にシャッターを押すと、髪にニュアンスが出て室内でも躍動感のある一枚に!ただ仰いだだけで笑う子も中にはいるみたいなので、やってみるといつもと違った表情が撮れるかもしれません。でも冬は寒いのでほどほどに😅家での撮影ならドライヤーの温風を遠くから優しく向けるのがおすすめです。ちなみに息子は風をおこすと口をとんがらせて驚いた表情をします。

 

Kana🌼
きょうのBaby*6M24D

 

モデル・役者・ライター 2018年5月に長男が生まれ、現在子育て中です。 クリエートジャパンエージェンシー所属 Japan/Tokyo/Hokkaido 資格 温泉ソムリエ/防災危機管理者/上級救命技能保有/ベルギービールアドバイザー/着付け講師1級/箸ソムリエ/秘書検定準1級 趣味 旅行(特に温泉)、防災マニア、全国の美味しいものを食べ歩く 最近の出演作 ・アスタナ国際万博会日本館開幕100日前記者会見着物モデル ・参天製薬サンテメディカルシリーズCM ・バイエル薬品 エレビット店頭用VTR

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です